現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

損小利大

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

「損小利大」とは、文字通り「損は小さく利益は大きく」の意味になります。

日本では昔から商売に関する慣用句が多くあります。たとえば、近江商人の「売り手よし、買い手よし、世間よし」という言葉も相場の世界には必要な考え方です。

損小利大で勝てるは当たり前のこと

まず、初心者が勘違いしやすいのは相場で飯を食べているものは「損切り」なんてしない。

このように思っている人がいたら、その考えは完全に間違っています。どんな有名な投資家でも必ず損はします。しかし、彼らがそういった世界で有名になったのは単に、損は出来るだけ小さく、利益は大きくというのを本能的にやっているからにほかなりません。

彼らがそういう本や講演を開くときには必ず成功したことを強調します。ですから、初心者や素人はこの人たちは投資で「損切り」したことがないのだと思うらしいのですが、そんなことは間違いなくありえません。

どんな業界でもどんなに成功をした人たちでも、必ず成功したことに対してその100倍の失敗するのが人間です。ですから、どんなに有名なプロであっても「損切り」は必ずします。

「損切り」をしたことがない、プロの投資家を今まで私はみたことがありません。ですから、成功をした人は算数が出来る人なら理解できると思いますが、必ず「損の金額よりも利益の金額が多くなって当たり前」の話になります。

偉大な投資家から学ぶ

算数の出来る人には理解できると思いますが、損を小さく、利益を大きくしなければ相場の世界では成功者にはなりえません。そうなるには、やはり事前の準備をしっかりすることです。

たとえば、有名な投資家である「ウォーレン・バフェット」や「ジョージ・ソロス」の著作を読んでみてください。彼らの事前準備の深さと物事に対する造詣の深さ、それと物事を単純明快に考える聡明さは本当に参考になります。

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

PAGE TOP