現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

酒田五法

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

「酒田五法」という用語は、FXに限らず、株式投資や先物投資など様々な投資の世界を少しでもかじった人なら耳にしたことがあるでしょう。

テクニカル分析のひとつとしてこの、酒田五法を究めているトレーダーもいます。万が一、聞いたこともないという方のために、あなたが毎日眺めているチャート画面のローソク足、それを考案したのが「酒田五法」で有名な(本間宗久1724~1803)です。

今でこそ、ローソク足は「Candle Line」と呼ばれ、世界中の投資家が利用する最もスタンダードな指標ですが、起源は日本の江戸時代米の取引で使われたのが始まりと言われています。そのローソク足を発案し、さらにローソク足を利用したトレード手法(いわゆるチャート分析)にまで発展させたのが「本間宗久」です。

酒田五法と本間宗久

「本間宗久」は山形県庄内酒田出身の米商人で、江戸時代に酒田や大阪・江戸で米の取引により莫大な利益を得たと言われています。

酒田五法を編み出し、天才相場師と言われた「本間宗久」の投資技術は「荘内本間宗久翁遺書略伝」の中で「酒田戦術起源」として記されています。

「相場を動かすのは材料でもなく、値段でもなく、人間の市場心理である」と言った本間は、その市場心理を解明するためにローソク足を徹底して研究しました。

酒田五法の奥義

そんな「本間宗久」のトレード手法は各方面で研究され、その奥義とも言うべきものが「酒田五法」になります。

ローソク足の形状や並びを分類分析し、「三山(さんざん)」「三川(さんせん)」「三空(さんくう)」「三兵(さんぺい)」「三法(さんぽう)」の5つからなることで「酒田五法」と言われます。

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

PAGE TOP