現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

ピボット

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

ピボットとは「J・W・ワイルダー」が考案したテクニカル指標です。

前日の為替の値動きから、翌日の価格変動の範囲を予測した指標のことをいいます。基本のトレードスタイルについては、買われすぎは売り、売られすぎは買いという逆張りの発想になります。ただし、実際には「逆張り」にも「順張り」にも利用できるのが特徴となっています。

計算方法

ピボットの計算に仕様する数値は、
・前日終値
・前日高値
・前日安値  これら、3つを利用します。

「ピボットポイント」は、ピボット指数の基準値となるもので、前日終値、前日高値、前日安値から算出します。基本はこの三つを足して3で割って計算することができるのです。

また、「レジスタンスライン」や「サポートライン」は三つのラインを設定することになります。ピボットラインのすぐ外側に引かれるのがR1とS1となります。R1はピボットと前日の安値の値幅部、ピボットから上昇したレートを言います。

またS1は前日の高値とピボットの値幅分、逆にピボットから下落したレートのことをいいます。さらにR1,S1を基点にしてR2,S2を、またR2,S2を基点としてR3,S3を計算していくことになります。

ピボットの使い方

ピボットの売買戦略としては、買いの場合にはS1まで下落した場合に「押し目買い」

ただし、S2まで下落したら損切り、買い戻し。R1まで上昇で利益確定が基本となり、S3まで下落すれば損切りあるいはドテンの売りとなります。

逆に売りの場合には、R1まで上昇したら「戻り売り」

R2まで上昇で損切り、もしくは売り増し、S1まで下落して利益確定、R3まで上昇で損切り、もしくはドテン買いを行うことが基本となります。

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

PAGE TOP