現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

pips

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

為替レートの最小単位のことをpipsといいます。為替レートでは、その通貨の単位の100分の1を最小単位としています。ですから、円では、100分の1円が1pipsです。円の場合、古い単位として銭がありました。

それで、ちょうど、1銭が1pipsになります。ドルでは、ドルの下にセントという単位があります。ですから、100分の1セントが1pipsです。つまりは、〈ドル/円〉、〈ユーロ/円〉などの場合は、0.01円が1pipsなのです。〈ユーロ/ドル〉、〈英ポンド/ドル〉などの場合は、0.0001ドルが1pipsなのです。

なぜpipsを使うのか

外国為替では、いろいろな単位の貨幣が使われています。そうした単位に紛らわされることなく、数字の幅だけを表すための単位としてpipsを使うのです。例A。〈ドル/円〉で10万ドルの取引をしたとします。

それで、20銭の幅(つまり20pips)が取れれば、2万円の儲けとなります。例B。〈ドル/円〉で1万ドルの取引をしたとします。それで、200銭の幅(つまり200pips)が取れれば、同じく2万円の儲けとなります。この2つの例では、儲けは同じです。でも、値幅は10倍の違いがあります。例Bの方が、はるかに大きく相場が動いているのです。

スプレッドとpips

FXでは、例えば、  BID:123.40 ←→ ASK:123.45のように表示されています。この場合、スプレッドは5pipsである、ということになるのです。ところが最近、売買単位が小数点以下3桁になっています。例えば、 BID:123.400 ←→ ASK:123.405

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

PAGE TOP