現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

ジニ係数

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

所得の格差をみる指標に「ジニ係数」があります。ジニ係数は、0から1までの数値があり、所得格差が無い状態が0、所得の格差のマックスは1と表示します。

累積相対度数は、実際のジニ係数からグラフの45度線からのかい離を「ローレンツ曲線」といいます。ジニ係数を分析するときにはローレンツ曲線の理解なくジニ係数を理解することはできません。

日本のジニ係数の上昇理由

日本のジニ係数は年々上昇する傾向にあります。このジニ係数に相当する日本の指標は厚生労働省による「所得再分配調査」に当たります。この厚労省の調査でも日本の不平等感は増しており、現在も続いています。

この背景には政府の財源不足による社会保障、いわゆる、年金や障害者手当、児童手当等、が年々減額をされていることにあります。

つまり、低所得者層に普通は社会保障を含む税金は、所得の再分配によって富めるものが貧しいものを援助する構図になりますが、それを今の財源不足と少子高齢化に伴いそれを困難にしていることが一因になると思います。

また、働き方の構図も正社員の比率が大幅に増え、非正規雇用者が大幅に増えているところから所得水準の低減化が進みより一層の所得の格差が開いていることも原因と思われます。

しかし、政府はそれに対して抜本的な対策を打たず、70年代の雇用政策を維持していることが個人的には一番の原因になると思います。

中国の格差は解消はしない

中国の格差は都市部と農村部では雲泥の差があるということは、誰しも聞いたことがあると思います。

それは、日本でも同じことではないかと思う方も多いと思いますが、本質の捉え方は、基本的には中国は一党独裁国家になります。

独裁国家というのは指導部と一般層が同じ生活水準になることは絶対にあり得ないことで指導者層が富を握ることによってその権力を維持しているので一般層が豊かになることはあり得ないことになります。

中国の一人当たりの「GDP」が日本並みになったときに世界中からエネルギーや食糧が消えることが議論をされていますが、果たして本当にそうなるかどうかは疑問の余地が残ります。

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

PAGE TOP