現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

貿易赤字

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

貿易赤字とは、貿易の輸出入のうち輸入超過のことを指しています。

通常は金額ベースでの表示になります。逆に、輸出超は貿易黒字となります。

貿易赤字は貿易収支のカテゴリー

貿易黒字・赤字というのは、貿易収支というカテゴリーの中に含まれています。これは、通常、BOJと経産省が共同で月次毎に発表をしています。

また貿易収支は経常収支というカテゴリーに属しており、その大枠は国際収支になります。簡単に説明すると。国際収支のカテゴリーは、経常収支、資本収支、外貨準備高になります。貿易収支はその経常収支の中に属するものです。

この貿易収支がよくマスメディアで報道されるのは、誰でも義務教育の時に習うものになりますが、日本は貿易立国になるからです。すなわち、貿易立国ということは、輸出が堅調に伸びているときは日本の国力が強いことを意味します。

反対に現在は、貿易収支が赤字になりますので、あまり日本の国力は強くはないという意味になります。
ただ、昨今、TPPの問題があるように、貿易は世界各国の問題になります。考えてみれば、平清盛の日宋貿易や、織田信長のキリシタン等、貿易はその時の政権の権力基盤を強固にします。政権だけではなく、その国を発展させます。明治維新は、なぜ成功したのかといえば鎖国から開国に走ったからになると思います。

ですから、日本だけが貿易立国ではなく、TPPを強く提唱するアメリカも貿易立国になります。貿易は日本のみならず、世界共通の関心になります。

貿易赤字が続くと

貿易赤字が続くと、日本から資本が減っていくことになります。

しかし、円安効果により、逆に外国人がM&A、株式、不動産等に投資の買いが入ります。この外国人の投資を資本収支の直接投資といいます。貿易+資本収支で経常収支となります。日本人は貿易赤字により、円安になることを望んでいるようですが、バカな願望だと思います。

通貨安の国から日本に出稼ぎに来ている外国人が口ぐちに母国は稼げないけど、日本は稼げるといいます。このまま円安が続けば、将来、日本人も出稼ぎに行かなくてはいけない時代になるかもしれません。

ですから、この国の為政者もそれほど先見の明がないわけだと思いますので、この円安がいつまでも続くと思うのは間違いになります。

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

PAGE TOP