現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

バブル崩壊

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

株価や不動産の価格などが、投機によって実体経済以上に膨れ上がった状態のことをバブルと言い、バブル崩壊とはその膨張が終了して急速にしぼんでいくさまを指します。

歴史の中のバブル崩壊

バブルの発生と崩壊は、資本主義経済が発達し、様々な金融商品が取引されるようになった頃から度々発生している現象です。古くは17世紀のオランダで発生した「チューリップバブル」、1929年の世界恐慌の引き金も、ニューヨーク証券取引所の株価大幅下落でした。

ちなみに、1720年にイギリスで発生し、バブルの語源になったとされる「南海泡沫事件」では、あのアイザック・ニュートンも多額の損失を出したと言われています。

日本におけるバブル崩壊

日本も歴史上幾度と無くバブルを繰り返していますが、最も記憶に新しいのは1986年から始まった株価や地価の上昇でしょう。1989年に日経平均株価が史上最高値の38957.44円をつけ、その後日銀、大蔵省による引き締めにより景気が収縮していった一連の流れは、日本に「失われた20年」とも呼ばれる景気低迷をもたらしました。

バブル期に「地価は決して下がらない」という根拠の無い土地神話の元で行われた、返済能力を無視した貸付は、その後不良債権として銀行に重くのしかかります。大手金融機関の破綻や貸し渋り、雇用環境の悪化などは大きな社会問題となりました。

バブル崩壊は止められるのか

バブル景気という現象は、後年バブル崩壊が発生して初めて認識されるものです。ですので、過度な景気収縮を止めることができればそれはバブルではなかったということになりますので、バブル崩壊を止めるというのは言葉の定義としてありえないのです。

バブルの発生を抑えるには、政府金融当局が金融商品への過度の投資に対し常に目を光らせておくことが必要ですが、株価等の上昇は政府の経済政策の手柄と宣伝しやすいため、対応は後手に回りがちなのが現状です。

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

PAGE TOP