現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

FXは両方にポジションを持てる!それが勝つ為のヒント

1つ星 Good! 135 回
読み込み中...
コメント投稿(4)
正直、FX投資を難しく考えすぎだと思う。買いと売りしかない世界。
つまり、サイコロに置き換えれば丁か半の2パターンしか存在しないのだ。サイコロでは丁と半、両方に賭ける事は出来ない。
しかし、FXの場合は両方に張る事ができる。ここに正解がある。

両建てで勝てるFX手法の概要

手法名両建てがFXの聖杯
開発者kotukotuさん
勝てる?勝てる
取引スタイル長期保有
時間足4時間足、日足、週足、月足
通貨ペア米ドル円
分析手法ローソク足
その他選択項目両建て、逆張り、順張り
取引市場オセアニア市場、東京市場、欧州市場、NY市場ポジション保有時間早ければ一日以内。遅ければ1年以上
FX業者月間取引頻度5回
エントリー注文指値-逆指値決済注文指値
勝率100%損益レシオR-5
平均利益+100pips平均損失0pips

FXは資金管理さえ覚えておけばよい

FX投資で成功する為には、これだけ覚えておけばいい。それが「資金管理」
まず、エントリーをする前に自分のロット数を確認して欲しい。
口座資金の何%で張っているだろうか。例えば、ポジションを建てた時に、極度な緊張状況になっていないだろうか。スマホで仕事中に、30分おきにレートチェックをしていないだろうか。
そのような状態では冷静な判断などできるはずはない。多くの素人FX投資家は、まずこの間違いに気が付いていないということ。FX投資は簡単な世界ではない。ほとんどが退場する厳しい場なのだ。
まずは、「資金管理」という重要な基本事項をクリアしてこそ、始めてスタートラインに立てるという事を覚えてほしい。

ボックスを狙ったFXの両建て

私が行っているFX投資法は、至ってシンプルである。おそらく、FX投資をかじった事がある人だったら、一度は考えたことがあるかもしれない。そんなシンプルな方法で私は勝ち続けている。
それが、売りと買い両方の注文を行ういわゆる「両建て」の方法。
詳しく説明すれば、まずは相場が持ち合っている「ボックス」を発見する。そして、その高値と安値で両建てを行う。
たとえばドル円「110.00円~109.00円」100pipsの持ち合いだとしよう。そしたら、「110.00円」に売り。「110.05円」に買い。「109.00円」に買い。「108.95円」に売り注文をする。成り行きではなく全てを自動注文で行う。
仮に「110.00円」の高値丁度で下がった場合、または、「109.00円」安値丁度で上がった場合は何の問題もない。売りポジションと買いポジションの利益が積み重なる。しかし、相場はそう簡単にはいかない。
「110.06円」まで上昇して「110.05円」の買い注文が約定してから、「109円」まで下がるかもしれない。そしたら、ロングとショート両方のポジションを抱えることになってしまう。
このような場合、通常の損切りを行うトレードでは、往復ビンタを食らってしまう可能性が高まる。しかし、「両建て」では1つのポジションを犠牲にして利益を狙う事ができる。
先ほどのレートを使って説明すると、まず「110.00円」のショートは「109.00円」で利食いをする。その時点で、当然「110.05円」のロングは残っている。これは塩漬けを覚悟することを前提とするが、建値まで戻れば決済を行うものとする。
建値という拘りを持つ必要がなく、とにかく2つのポジションのトータルで利益が残るところで決済する。と考えてもらえれば正確だ。
仮に相場がナイアガラの滝になった場合、次にショートのポジションを建てるレートは「108.50円」この時点での「110.05円」のロングは-155pipsの含み損になっている。
それでも気にせずにロングは持ったままにする。この値幅ピッチを基本として、ショートの利食いから-50pips下がったポイントで再びポジションを持つ事を繰り返す。
※エントリーイメージ

FX相場には戻りと押しが発生する

FX相場というのは、どんなに激しいボラティリティになったとしても、上と下を繰り返してチャートが形成される。

リーマンショックやアベノミクスでのFX相場を見てほしい。長期的には「ナイアガラの滝」「昇り竜」になっているが、そこには必ず戻しと押しがあるのだ。
つまり、「110.00円」よりも「109.00円」の方が上昇をし易い傾向にあると言える。繰り返しになるが、「110.00円」よりも「105.00円」の方が上昇しやすいのだ。
この性格を利用して、トレードを行うのが今回のFX手法だ。端的に説明するのが難しいが、チャートを見ながら整理すると非常にシンプルな事をやっている。
これをボックスが作られる度にやっていく。今回は、下落相場を例に説明したが、上昇相場でもピッチは同じルール。
注意するのは1つだけ。絶対に低レバレッジで行うこと。低レバといえば、少々語弊がある。複数のロットを最初から持つと決めているのであれば、レバレッジは1倍以下にしなければならない。
ポジションをもっている事を忘れているくらいが丁度いい。世の中には様々なFXの投資手法が出回っているが、私にとってはこの両建てのFX手法が聖杯である。

自分の人生と同様に歩むポジション

大切なのは「短期」という考えを捨てることだ。損切りをしないのだから、少し大げさな話になってしまうが、自分の人生と共に歩んでいくポジションだと考えれば良い。
リーマンショック後に、ドル円は「75.56円」まで下落した。今のレート何円だろうか?「118円」まで上昇している。
この間は、わずか3年の出来事だ。そう。FX相場は上げ下げを繰り返していつか戻ってくるのだ。
波に乗るのではなく、波の性質を上手く利用してサヤを取る事。
このようなルールを決めても、平常心を保てない人は、どこかで怖くなってしまいポジションを離してしまう。何度も言うが、恐くなるのが問題なのだ。即ちレバレッジを張りすぎている事が問題なのだ。
FX投資は最低でも10年単位で考えなければならない。よく積み立ての学資保険があるが、これを1年そこらで考えている人はいないだろう。つまりそういうこと。FXも積立型の保険と同じような考えを少しでも持っていれば、間違いなく違う結果になる。
資金を増やすのは、儲かってからにしよう。そういった意識が、普段生活の節約も生む好循環になる。
長くなってしまったが、何かの参考にしていただきたい。

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. クリより:

    スワップ

    スワップでマイナス金利のポジションを5年塩漬けした場合負けますよね?
    10年単位で見ると書いてあるがマイナス金利を10年放置したらとんでもない金利が発生します。
    その場合の利確のルールはなんですか?
    天井圏で売った場合最大戻りは建て値ですよね?
    その場合勝率100%にはならないと思います。

    1. 南田より:

      答え出てるじゃん

      マイナススワップのポジションを持たなければいいだけでしょ。
      自分でコメント書いていて、答えが出てると思わなかったの?
      普通、こういうFXのやり方するのであれば、プラススワップのポジションを持つでしょ

    2. ゆうより:

      スワップ

      マイナススワップのが多いです。
      それに両建てするんでしょ?どちらもプラススワップの通貨ペアなんてないよ。
      どちらもマイナススワップの通貨ペアもあれば片方だけプラスの通貨ペアもある。
      最初の質問は、両建てしてマイナススワップのポジションを保有する時に長期塩漬けできないですよね?
      って意味ですよ。
      試しにルール通りマイナススワップの保有ポジションでも塩漬けにしてみたら?
      いつの間にか最初に切った方の利益がマイナススワップに削られて日々減ってくから。
      おまけに損失のポジション抱えたままだよ。
      打つ手なしになる。

  2. ハゲより:

    それは穴の開いた聖杯です

    両建てというのはノーポジとほぼ同じ状態で、損切しているのと同じことになります。
    ただスプレッドやスワップが存在する為、両建てのほうがわずかに損になります。
    あと業者によっては有効証拠金が減ってしまいますからね。

コメントを残す

*

*


The maximum upload file size: 8 MB.
You can upload: image, document.

PAGE TOP