中国共産党

中国共産党

中国共産党は、中国において政権を担っている政党です。独裁的な体制が、国内外から様々な批判を受けることがあります。権力闘争が激しい中国共産党内部では、常に激しい権力闘争が行われています。そのため、スキャンダルなどを指摘されて、突然党幹部が...

more

デノミネーション

デノミネーションとは、自国通貨の単位を切り下げることです。デノミと略されることもあります。物価などをよりわかりやすく表示できるデノミネーションが行われると、物価表示などがわかりやすくなるメリットがあります。基本的に、物価は緩やかに上昇していきま...

more

デカップリング

デカップリングとは、連動性が強かった経済指標などが、何らかのきっかけで連動しなくなることを意味します。アメリカ経済の成長と世界経済の成長がデカップリング戦後、アメリカ経済が世界経済に与える影響は非常に大きかったです。というのも、アメリカの景気が良くなれ...

more

チャイナリスク

チャイナリスクとは、中国の株式市場や不動産市場が混乱し、世界各国の投資家が巨額の損失をこうむるリスクのことです。当初は中国の政治体制や文化が原因のリスクチャイナリスクは従来、企業が中国に進出する際に、政治体制や文化の違いが障壁となって、スムーズ...

more

トランプラリー

トランプラリーとは2016年11月8日の大統領選挙開票によりトランプの大統領決定となった直後から、始まった政策期待の上昇相場で、為替ではドル円が年末から年明け早々まで継続することとなり、101円台から118円60銭レベルまで上昇することとなりま...

more

テーパリング

テーパリングという英語の言葉の本来の意味は先細りであるとか次第に先が細くなることを意味しているものですが、この言葉が金融市場で頻繁に使われはじめたのは、米国FRBの3回に及ぶ金融緩和が終了し縮小段階に入ったときからです。2012年9月から始まっ...

more

ドローダウン

ドローダウンとは累積利益からの下落率のことを言う言葉です。FXの世界ではシステムトレードで利用されるもので最大ドローダウンをどれだけにするかを設定することでリスク管理を行うものになります。この最大ドローダウンというのはちょっとわかりにくい表現に...

more

テーパータントラム

テーパータントラムというのは典型的な造語で、米国の量的金融緩和が縮小になったときにできた言葉といえます。量的金融緩和が縮小になりテーパリングが開始されるのと癇癪を意味するタントラムを組み合わせたものです。これは実際にバーナンキFRB議長の時代に...

more

デリバティブ取引

金融市場関連のニュースやブログに多く登場するのがデリバティブと呼ばれる商品です。こうした商品は既存の金融商品保有のリスクを低下させるために売買されることもありますし、この商品自体のリスクを覚悟した上で収益性を確保するために売買されることもあるの...

more

田中角栄

田中角栄は第64代の内閣総理大臣で1972年7月から74年12月までの2年半弱、政権を運営した日本を代表する人物です。意外に在任期間は短いもののその存在感は非常に大きなものがあり、また自民党内では最大の派閥の長となっていたことから首相退陣後も政界に大き...

more

PAGE TOP