ジャンク債

ジャンク債

ジャンク債とは、元本や利息が支払われない可能性が高い債券です。ジャンクとは、英語で「ごみくず、がらくた」といった意味の単語です。ハイリスク・ハイリターンの債券ジャンク債は、貸し手の返済能力に問題がある債券です。したがって、満期まで保有していても...

more

スコットランド独立

スコットランドは、イギリスに含まれる地域です。このスコットランドがイギリスから独立しようとする動きがみられます。石油をバックに独立運動が活発化イギリスと聞くと金融立国のイメージが強いかもしれません。確かにイギリスはロンドンを中心として金融業が発...

more

ストックオプション

ストックオプションとは、あらかじめ定められた価格で自社株式を購入する権利のことです。従業員に対するボーナスなどとして支給される場合があります。株価が上昇すれば大きな利益にストックオプションでは、購入する権利が与えられている価格が決まっています。...

more

サミット

サミットとは、先進諸国の首脳が集まって行われる会談です。サミットは基本的に年1回開催され、国際的な問題などについて議論が交わされます。8か国あるいは7か国で開催サミットに参加する先進諸国としては、アメリカ・フランス・イギリス・ドイツ・日本・カナ...

more

財務省

財務省とは、日本の省庁の1つで、日本の財政関連の業務に取り組んでいます。歳入を最大化したい財務省は、日本が財政破たんしないように努力する必要があります。財政破たんを防ぐためには、歳入を増やすか、歳出を減らすかのどちらかに取り組まなくてはなりませ...

more

先行指標

先行指標とは、経済の実体を先取りする指標です。マネーサプライ(貨幣供給量)が代表例先行指標の代表例としては、マネーサプライが挙げられます。例えば、通貨の供給量が増加すれば、景気が良くなる可能性が高まります。資金の流れが活発化していると考えられる...

more

先物市場

先物市場とは、将来の一時点において、一定価格で金融商品等の取引を行う先物契約が取引される市場です。金融派生商品(デリバティヴ)の一種先物は、金融派生商品(デリバティヴ)の一種です。先物取引を行うことによって、価格変動リスクを抑えられるメリットが...

more

新興国市場

新興国市場とは、経済成長率が高い国々(新興国)の証券市場です。BRICSが代表的な新興国新興国といえば、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの頭文字をとったBRICSが代表的です。当初は「BRICs」とsが小文字で表記されることが一般的で...

more

実需

実需とは、為替相場においては、貿易決済などのために実際に通貨の交換を必要として行われる取引を指します。差益を獲得することを目指す投機とは反対です。貿易決済の実需は為替レートに影響近年、世界各国では貿易がより一層活発化しています。それに伴い、通貨...

more

ストップロスオーダー

ストップロスオーダーとは、思わぬ巨額の損失を防ぐための注文のことです。損失(ロス)を止める(ストップする)注文(オーダー)であることを意味しています。値上がり予想のときには、値下がりリスクに備える相場の上昇を予想しているときのストップロスオ...

more

PAGE TOP