損益レシオ

損益レシオ

損益レシオとは、次の式で計算される数値のことです。(損益レシオ) = (平均利益)÷(平均損失)つまり、平均すれば、どれくらい損しているか、あるいは得しているかを示す、割合の数値なのです。主に、「自動売買」システムの優劣を見る指標の一つとして使...

more

自動売買

自動売買とは文字通り、FXの売買を自動的に行うことです。各国間の外国為替の取引は、コンピュータを介して電子的に行われています。FXも、電子的な取引です。ですから、そこにプログラムを組んで、コンピュータに取引をさせるのは簡単なことです。つまり、コ...

more

最大ドローダウン

資産運用をしていれば、当然のことながら資産が増えるときも減るときもあります。一時的に増えても、その後減るという山の頂上の形になることもあります。一時的に落ちても、その後増えるという谷の底の形になることもあります。この山の頂上から谷の底までの下落...

more

システムトレード

システムトレードとは、システマティックに、つまりは(気分や直感に頼ることなく)ルール通りに規則正しくFXのトレードをすることです。本来の意味は上記のとおりですが、一般には、自動売買の意味に使われています。ちなみに、「規則」のことをFX業界では「...

more

消費者物価指数

消費者物価指数とは、日常生活に使う商品の値段が、上がっているか下がっているかを調べる数値です。基準になる時の値段を100とし、比較する時の値段を指数の形で表しています。つまり、次の公式で算出するのです。(消費者物価指数)=((比較時値段)÷(基...

more

少子化問題

少子化とは出生率が減少傾向にあり、その結果、子供の数が減り最終的には人口が減ってしまうことです。これは長期的に見て、国の根本にかかわる大きな社会問題になっています。なぜ問題なのか国の経済は、何かを生産し、それを販売することで潤います。生産するに...

more

損小利大

「損小利大」とは、文字通り「損は小さく利益は大きく」の意味になります。日本では昔から商売に関する慣用句が多くあります。たとえば、近江商人の「売り手よし、買い手よし、世間よし」という言葉も相場の世界には必要な考え方です。損小利大で勝てるは当た...

more

損切り貧乏

損切り貧乏とは読んで字のごとく「損切り」ばかりをして損が拡大をし、結局、貧乏になっていくことを指します。損切り貧乏になる理由投資を始めたときに上手く儲からずによくプロの人の指導を仰ぐ方をみかけます。私からみると、アホな人がいるから貧乏人が貧乏人からお金...

more

失業率

働く意思があるにも関わらず、働く場所が無い人のことを失業者といい、その労働人口に対する割合を失業率といいます。アメリカでは「雇用統計、非農業者部門雇用者数」と一緒に、毎月第一金曜日の21:30もしくは、22:30に発表される「経済指標」になりま...

more

新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数とは、アメリカの全土で1週間に新しく失業保険を申請した数になります。新規失業保険申請件数の意味この新規失業保険申請件数が増えると当然、アメリカ全体での雇用情勢の悪化を意味します。また、この件数が減ると雇用状態が良化し...

more

PAGE TOP