金融政策

金融政策

各国の金融政策を受け持つ重要な存在として注目されているのが「中央銀行」の存在です。どの国の中央銀行も、時の政治政権とは別に安定的、長期的に継続した金融政策をとることが求められるようになっており、中央銀行の動きが「証券」「債券」「為替」などの金融...

more

外貨準備高

外貨準備高とは、各国もしくは経済圏地域の通貨当局が保有する対外資産のことをいいます。一般的に言われるのは、外貨準備高というのは国際的な信用力を示す指標のひとつであり、大きな国にならばなるほどこの準備高は高くなるといえます。この目的は様々...

more

国際収支

国際収支とは、1年あるいは四半期といった期間での国全体の「対外経済取引」を集積したもののことをいいます。いわば、海外との財、サービス、金融商品などの取引を複式簿記に記載した内容ともいえるものです。この国際収支が国内的に非常に注目を浴びるようにな...

more

経済成長率

経済成長率は基本的に「GDP」の数字を利用していきます。当年のGDPから前年のGDPを引き、その数字を前年のGDPで割って100をかけたものが具体的な成長率ということになります。先進各国はどこも成熟化が進み人口も抑制されているため、なかなか大き...

more

機関投資家

機関投資家とは大量の資金を投入して国内外の株式や「債券」で運用を行うと大口投資家のことをいいます。一般的には国内の機関投資家といえば、銀行、生損保、年金基金、政府系金融機関など多岐に渡りますが、最近注目される存在が「GPIF」を中心とした年金の...

more

介入

介入とはFXでは「為替介入」のことを指します。20世紀の高度成長期には、先進国をはじめ新興国など多くの国が自国の通貨の価値を守るために広範に為替介入を行ってきましたが、現在ではその効果の問題もあり、介入を行う国は新興国を中心に特定国に限定されるようにな...

more

購買力平価

「購買力平価」とは、スウェーデンの経済学者カッセル氏によって提唱された長期に渡る為替レートの決定理論のことで「PPP」 Purchasing Power Parityと呼ばれるものです。貿易の障壁の全く存在しない世界を想定した時に、国が変わって...

more

逆指値

逆指値注文では二つの売買注文を入れることができるものとなります。一つは、今の為替のレートよりも高くなったときに買う注文を入れることができます。またもう一つは今のレートよりも安くなったときに売る注文を入れることができるものです。つまり名前の通り指...

more

ゴールデンクロス

ゴールデンクロスとは、短期の「移動平均線」が上昇し、長期の移動平均線と交差して上方向に突き抜けたポイントを指します。このタイミングが「買いのシグナル」となります。元々、米国で使われ始めた言葉であり、「幸運をもたらしてくれる絶好のタイミン...

more

経常収支

経常収支とは、国の国際収支を評価する手法のひとつで「貿易収支」「サービス収支」「所得収支」「経常移転収支」の4つにより構成されるものです。貿易収支は輸出額から輸入額を差引いたもので、所得収支は海外の日本企業などが送金するレパトリエーションのこと...

more

PAGE TOP