三菱UFJがMUFGウォレットを開始

三菱UFJフィナンシャル・グループがいよいよ9月からがスマートフォンでタッチ決済やポイント管理を一括できるアプリ「MUFGウォレット」を9月から開始することがわかりました。

このMUFGウォレットはデビットカードやクレジットカード、QRコード決済サービスなどの決済手段をトークン化して安全に一元管理し、VISAのデビットカードをアプリと連携させ、日本で初の国際規格に合ったVISAのタッチ決済ができるようにするとしています。

来年春には並行してJCBのデビットカードでも利用が可能になるようです。現状ではカードを差し出せばどこのコンビニなどでも使えるわけですからこのレベルだけで大変便利になったとはいいがたいものがありますが、実はこの先に独自のデジタル通貨であるMUFGコインのローンチが控えていることが非常に注目されるところです。

MUFGコインはブロックチェーンを利用したコインで内容は1コイン1円という典型的なステーブルコインとなっています。利用者はスマートフォンに専用アプリを入れた上で、口座預金をデジタル通貨に替えて使用していくことになるようですが、どれだけ決済の場が広がることになるのかが非常に注目されるところです。

とくにステーブルコインの場合国内決済は当たりまえのように利用できることとなりますが、海外決済などがどのようにできるのか、あるいは海外送金にどう利用できるのかが非常に注目されるところです。

国内ではすでにみずほ銀行が同種のステーブルコインを発行していますが、今のところ非常に流行っているというわけではありませんし、〇〇ペイと呼ばれる決済ソフトも大量に発生し登場時は勢いがあったものの林立が激しすぎてすでに淘汰が始まるといった事態も見られる状況です。

国内で単純決済にステーブルコインを利用した場合、デビットカードをそのまま振りかざして決済するのと何が異なるのか今一つよくわからない部分もあり、利用ベネフィットをより明確していくことも利用促進のためには必要になりそうな状況です。とくにステーブルコインに関しては利用視点からみての優位性や利用促進部分がないと定着しないという大きな問題が残ります。

利用における利便性だけ考えると決済だけなら依然としてデビットカードを凌駕できないという点には非常に注意が必要で、流通の場所によって利用できるものが変わるということがないように心がけていただきたいものです。

SNSでもご購読できます。