FXコラム

国内相場は非常事態宣言を好感しているのか?

いよいよ国内でも非常事態宣言が発令されることになるわけですが、依然強制力があるような、ないような中身であり、しかも最大6か月の期間となる可能性も残されているようです。この宣言で金融市場が喜べることは何ひとつとしてないわけですが、月曜日の東京タイムではNY市...

more

新コロナ蔓延から見えてくるNY市の対応~日本、東京はやがて壊滅的な状況か

金融市場は既に新型コロナの感染問題が中心的なテーマになっており、この材料を無視して先のことを考えることはできなくなってきています。2月までほぼ横並びだった日米政府の対応、ならびに米国の都市部の対応に大きな変化が表れており、とりわけ新型ウイルスの戦場と化して...

more

4月相場ならではの特殊状況に注意

3日NYタイム、注目の米国雇用統計の3月分の発表がありました。結果は非農業雇用者数で市場予想をはるかに下回るマイナス70.1万人減で直近の失業者申請件数の劇的増加を考えれば4月はさらに悪い結果になることが確定した状況となっています。また失業率は4.4%へと...

more

日本株に二番底は来ない?これから大暴落の大底という噂

米株のほうは相変わらず新型コロナの感染者、および死亡者の推定人数などにかなり厳しい数字が飛び出すたびに売られる展開です。決してもとの相場に戻っているわけではありませんが、それでも3月につけた猛烈な底値が今のところ一番底として機能している状況では...

more

想定をはるかに超える米国第二四半期GDPの落込み予想

世界的に猛威をふるう新型コロナウイルスですから、主要国の経済見通しはここからさらに悪化が容易に予想される状況になってきています。とくに世界有数の大国である米国のここからの経済状況は見逃すことのできないものとなりますが、既に中国を超える感染者数に直面する米国...

more

市民も相場もロックダウンに怯える厳しい状況

ここのところ安倍首相や東京都知事の会見があるたびに、緊急事態宣言がとうとう発令かといった緊張感が市場にも一般の家庭にも走る時間が多くなっています。政府の説明では緊急事態宣言は国会にまず説明するそうなので、いきなり発令とはされているようですが、今の政権の現状...

more

日銀の真似をしだしたFRB~不良債券回収のごみ箱と揶揄されて本当に政策成功?

3月、FRBは市場の緊急事態に直面しいきなり政策金利を合計二回でゼロに引き下げるとともに無制限の資産買い入れを発表し即日実施しはじめています。たしかにパンデミックという100年に1度あるかどうかの非常時ですから思い切った政策を発動することが重要であることは...

more

ようやく暴落前のセンチメントに戻りつつあるドル円相場

ドル円相場がようやく3月の異常暴落相場を受けた不思議な動きから、以前のまともなセンチメントに戻りつつあるようです。実質的な3月最終週にあたる23日からの相場は、東京タイムになると下落したドル円がNYタイムには連日111円台に乗せるという特異な展開を延々...

more

ようやくドルキャッシュ需要一旦収束か

25日の為替市場は東京タイムからドル円が111円台に乗せてくるようになり、いよいよ112円を試すことになるのかと注目されました。しかし、NYタイムは株価がさらにもとに戻る動きを示したこともあり、一旦追証のためのドル需要も落ち着いたようで111円台で推移して...

more

東京五輪1年延期に米国経済4月12日までに再稼働

新型コロナウイルスの感染に関する状況に関しては決して好転していると思える情報は全く出ていませんが、いよいよ各国の政治的な決断というものが相場にも大きく影響を与えそうな雰囲気が強くなってきています。東京五輪は1年延期ほぼ決定か東京タイム、安倍首相とIOCの委員長...

more

PAGE TOP