とうとう1BTC100万円を超えたビットコイン

ビットコインがこの週末に再び円ベースで100万円を超えて話題になっています。

瞬間的には102万円を超える場面もあり、ようやく100万円台に戻ってきていることがはっきりと確認できる状況です。

さすがに市場では利益確定売りも出ているようで一旦90万円台に沈みこんでいますが、ここからさらに上昇を描くことができるのかどうかに非常に大きな注目が集まります。

先週から今週にかけては香港で自治権をはく奪されかねない問題に市民が蜂起して大きなデモが繰りかえし起きていますが、香港の金融市場が中国政府によって取り込まれてしまうような事態に発展すればかなりの資金が香港のマーケットから逃げていくことも予想されます。

一部の資産保有層が保有財産の逃げ場として、ビットコインを利用し始めているのではないかという憶測も強まりつつあります。

香港情勢がビットコインに影響を与えているとすればビットコインはここからさらに上昇する可能性もあり、リスク回避のための資産として定着していくかどうかにも注目が集まりそうです。

ただし、ビットコインの場合には相場の状況とは別に上昇したところで大口の保有投資家である、いわゆるクジラがいきなり大きな売りを出してくると流動性が確保されていないだけに驚くほど価格が下がることもあります。

しかも仮想通貨FXでは簡単にロスカットを食らって相場を下げる勢いが加速することも考えられますので、リスク資産だから長くもっていていいかどうかについてはよく考える必要がありそうです。

また相場全体の暴落などのケースでは資金補填上の理由からビットコインもいっしょに売り込まれるといったまさかの事態も起きないとは限りませんから、どう取引をしていくかの戦略はまさに個々の個人投資家次第の状況であることは常に理解しておかなくてはなりません。

一つはっきりしているのは既存の資本市場が非常にリスク回避に敏感になりだしていることで、ここから何かが起きる前兆である可能性も否定はできない状況です。

勝手に危機感だけを感じてビットコインの買いに走るのはさすがに危ないものがありますが、ここからさらにビットコインが大きな上昇を果たしてしまうといったまさかの事態もありうることだけは意識しておきたいところです。

迂闊な買いは高値掴みのきっかけになりやすいものですが、押し目買いをしようとおもっても押し目がない可能性もよく考えておくべきでしょう。

とうとう100万円近くに戻したビットコイン~ただ国内市場には変化も

ビットコインの価格が100万円に近づくほど大きく上昇しています。相場の動きが速いだけにこの原稿が掲載されるころにはすでに100万円を超えている可能性もありそうです。

国内ではビットコイン価格の上昇にあわせて各取引所ともに口座開設が相次いでおり、市場の関心がまたビットコインに集まりつつあることを感じさせられます。

しかしひとつ異変が起きているのは取引量の問題です。

各取引所ともに千件単位で口座開設者が増えているにも関わらず取引ボリュームは大きく伸びておらず、かなり市場参加者が慎重になっていることがわかるというのです。

しかも現物取引よりもビットコインFXでの取引を好む層が増えており、必ずしも買いだけではなく上昇しきったら売りから参入するつもりの参加者も増えていることを示唆しているといえます。

 

売りも買いもあるから流動性が保たれる

ビットコインの現物が抱える大きな問題は、これまで市場参加者のほぼすべてが投機目的で買いを入れていたということです。つまりBuy & Holdが基本で価格が下がると塩漬けにして値上がりを待つという動きが非常に強かったわけです。

しかも価格の下落局面では、皆が売りに走ることから流動性が枯渇して必要以上に下落してしまうという動きになるのが常でした。2017年末の上昇以降も似たようなもので、大口の保有者がいきなり売りに回ることがあると相場は驚くほど下がるという非常によろしくない状況に陥ることになってしまったわけです。

しかし仮想通貨FXの取引者が増えるということは最初から買いだけではなく売り目線のトレーダーも市場に参入しますので、適度な流動性が保たれることになり、ショートが溜まり過ぎればショートカバーもでるという非常に健全な相場に一歩近づくことになるのです。

多くのビットコイン投資参加者が現物ではなく証拠金取引を選択し始めているというのはこうした状況をよく理解し始めたことがその理由になっているものと思われます。

もはやビットコインは安値で仕入れて高値で売るだけが投資ではなくなりつつあることが定着し始めているともいえるわけです。どうやらビットコイン投資の市場も次のステージに入ってきていることを強く実感させられます。

こうなると相場の循環も生まれますから上下に動く機会も多くなり、より投資利益を得られやすくなることが期待されます。ここからのビットコインの動きに引き続き注目したいところです。

 

仮想通貨におけるファンダメンタルズとは

通常法定通貨と呼ばれる特定国が発行している通貨には多かれ少なかれ『ファンダメンタルズ」と呼ばれる、その国の経済状態などを示す指標が相場に影響を与えることになります。

株式や債券の領域でも多くの投資家が長期的な資産運用をする場合に、投資対象商品の適正価格を探ろうとし市場価格というのはファンダメンタルズをベースとした適正価格に近づくものであると考えられています。

しかし仮想通貨に関しては、特定国に紐づいているわけではないことからこのファンダメンタルズというものがないことからファンダメンタルズをもとにした適正価格というものを測ることができないのが正直なところです。

また仮想通貨はそれ自体を長期に保有しても価格が上昇しないかぎり利益を生み出す要素が全くないことから、通常の金融商品における配当モデルなどと比較して適正価格を予測することもできないのが実情です。

一つの基準となるマイニングの価格

仮想通貨ではこのファンダメンタルズの問題、また適正価格がいくらなのかということが延々と議論になっていますが、ビットコインなどでは唯一マイニングの価格がビットコインの原価となることからこれよりも最低高くあるべきという話が当初からでている状況にあります。

中国のような場所で比較的電気代も安いところに機器を設置してマイニングを行った場合最低コストは少なくとも日本円で30万円を下らないとされており、それを下回るようではそもそものビットコインとしての価値はなくなることになりかねないわけです。

ここ2年程でみていますと1000ドル程度だったビットコインはあっというまに2万ドルを超えて駆け上り、2018年の年が明ければ1万ドルを下抜け一瞬3000ドルに近いところまで下落し、今また6000ドルの大台に乗せる動きをしています。

もしビットコインにファンダメンタルズがあるとすればこうした状況を投機以外の何をもって説明することになるのでしょうか。やはりここが依然として大きなポイントであることがわかります。

実需が拡大すれば変わってくる

ただいずれにしても実需ではない投機的な需要が相場を支え、しかも思わぬレベルまで上昇することだけは厳然たる事実ですから、これをどう読み解いていくかが仮想通貨の投資では重要になってきているといえます。

いまのところ決済需要はほとんど拡大しない状況ではありますが、既存法定通貨に著しいリスクが発生したときには間違いなく逃げ場として機能する様になってきています。

この動きが将来的にどのような形でさらに拡大するのかにも注目が集まります。

 

サトシナカモトの身元が判明か?

米国のコンピュータプログラマーで、マカフィーの創業者である「ジョンマカフィー」が「サトシ・ナカモト」と話し合ったということを明らかにし、その正体を明かすことを示していることが報じられ、仮想通貨クラスタではかなりこの話が注目されています。

過去にはSBIの北尾CEOがサトシナカモトと話をしたなどと言って実在する人物なのかどうかが物議を醸したこともありましたが、今後その正体が明らかになると、これからのビットコインにも大きく影響が出そうです。

いい意味でも悪い意味でも、サトシナカモトの身元が判明するかどうかは楽しみな状況になってきました。

しかし一旦公表は先延ばし

この情報が飛び出してからマカフィー氏のサトシナカモトに関する身元公表は一週間以内といわれていました。が、その後先延ばしになっています。

それはナカモトしの正体を暴露することにより多くの訴訟の対象になる可能性があるからであると同氏は説明していますが、そんなに訴えられるようなことが起きるのかどうかにも注目が集まります。

当のマカフィー氏は8年間米国に税金を納めてこなかったことから、西インド諸島バハマの海の上で生活を送っているといわれています。

海の上とはどういうことかという気もしますが、この暴露がきっかけで米国に送還でもされてしまうとほかのことで問題になるという事情もあるようで、とりあえず口走ってみたものの結局のところ開示しない可能性もではじめているのです。

サトシナカモトは実在する人物なのか

サトシナカモトは特定の一人ではなくグループであるとか架空の人物であるといった様々な憶測がこれまでにも出ては消えていっているわけです。

ジョンマカフィーの言っていることが嘘でなければ米国在住の特定の人物が浮かび上がることもありそうで、事実関係が一体どうなのかが非常に気になるところです。

ビットコインはスタートからそれなりの時間が経過していますが、スケーラビリティの問題や想定外のハードフォークのトラブルなどで、サトシナカモトが書いたといわれるホワイトペーパーと現実の状況がかなり乖離し始めていることもまた事実です。

開発者本人が判明すればこうした部分についても多くの人間が確認をとりたいと思っているはずで、さまざまな意味でご本人が特定されることは大きな意味をもちそうです。

できることならば開示してほしいのが現在の状況です。